検診で便潜血陽性と言われたら?

便潜血検査とは便に血液が含まれているかどうかを判断する検査です☆

進行大腸がんでも10~20%が陰性と、早期大腸がんにいたっては約50%が陰性になるというデータがあります。
つまり、便潜血が陰性でも「大腸がんではない」とは言えないのです😲
そして実際、便潜血陽性といわれた方の中で20%で大腸ポリープが見つかり、大腸がんが見つかる方は2~3%と報告されています。
以上の点から踏まえて、、

「便潜血検査で陽性」ならば、大腸カメラを受けましょう!!!!!
便潜血検査で陽性になった方は、がんを見つけるチャンスをもらったようなものです🧐大腸癌は早く見つければ、かなりの確率で完治が望める病気です。必ず大腸内視鏡検査を行い、早期発見につなげていきましょう!!!!

関連記事

  1. 文藝春秋とVitaに当院についての記事が掲載されました!!

  2. 勉強会

  3. 勉強会

  4. ハルカス内視鏡クリニックの公式ブログ

  5. 近鉄南大阪線からハルカス内視鏡クリニックまでの行き方

  6. HPリニューアルしました!!

PAGE TOP